Uncategorized

ハンバーグが食べたい

最近のキャッチコピーなどを目にしていると、「細胞レベルで○○」などの表記が、度々目に入り込んできます。

この「細胞レベル」とは、いったいどのようなレベルなのでしょうか。フレーズから受ける印象としては、「なんだかすごそうだな」というような雰囲気を感じるのですが、皆さんはどのように受け止めているでしょうか。

化粧品などの美容液や美容ドリンクなどに、細胞レベルで「潤う」などの宣伝コピーをみつけると、どんだけ若返るのだとうかと、アンチエイジング効果を期待してしまいますが、皆さんにとって「細胞」とは、いったいどのような存在に感じていますか?

細胞は、日々、生まれていますが、その細胞は、おおよそ50回ほど分裂をすると死滅してしまうという事をご存知ですか?私達人間の身体は、細胞が寄せ集まってできていますが、現代科学をもちよっても解明されていない事柄が多くある不思議な生命力の塊であるようです。

ですが、分かっている事柄の中には、私達が食べている食事と呼吸が、細胞の活力になっているという事になります。皆さんの食べている毎日の食事を、細胞たちが心待ちにしていると思うと、なんだかおかしなものは与えられない気持ちになりませんか?

また、睡眠不足や、ストレス、呼吸の乱れ、運動不足など、皆さんのこうどうや、日常の生活が、直接、細胞に影響を与えているようなのです。

なんとも不思議なお話に聞こえませんか?皆さんは、細胞たちを育てているような状態であるのです。そして、もしかしたら、今日は、「ハンバーグが食べたい」もしくは「からあげだな」などと、自分があたかも食べたい物をチョイスしているように感じているのは、細胞たちの意志によってそう決められているのかもしれません。

私達人間は、1人であり細胞の集まりなのです。もし機会がありましたら、ハンバーグが食べたい日には、こんな風に声に出して、言ってみてください。「今日は、細胞レベルでハンバーグが食べたい」なんてどうでしょう。

Archicass 自然栽培の魅力 TOPへ